男性

元気な髪を増やすためにスカルプシャンプーも使う|発毛が実感できる

髪が生えるメカニズム

メンズ

髪の発毛サイクル

毛髪は「成長期・退行期・休止期」という三つの発毛サイクルで成り立っています。成長期は髪が成長する時期で、一般的に4年〜6年と言われています。成長期になると毛母細胞が細胞分裂を活性化して髪を伸ばします。成長期が終わると退行期になります。退行期は毛母細胞の細胞分裂がストップする時期で、2週間〜3週間ほどです。次に髪が抜け落ちる休止期に入ります。そして休止期が終わると再び成長期になり、また毛母細胞の活動が始まり、髪が新しく生まれて成長します。こうした髪の発毛サイクルを男性ホルモンが邪魔すると、成長期が極端に短くなります。発毛サイクルが乱れて髪が十分に成長する前に抜けることで、最終的に薄毛になります。

脱毛ホルモンとは

抜け毛を予防するには、発毛サイクルの乱れを改善する必要があります。男性の抜け毛は、ほとんどが男性ホルモンが原因のAGA(男性型脱毛症)です。AGAは、毛根にある5αリダクターゼが男性ホルモンを脱毛ホルモンに変えることで発症する薄毛です。5αリダクターゼの活性度の高さは遺伝によって決まります。活性度が高い人ほど脱毛ホルモンが出来やすくなります。しかし、5αリダクターゼの活性は薬や育毛剤で抑止することが可能です。プロペシアなどは代表的な薬です。その他にもノコギリヤシのサプリやオウゴンエキスの育毛剤などが、5αリダクターゼが原因の抜け毛や薄毛に効果があります。薄毛になってしまってからよりも、抜け毛が増えてきた段階で対策をすると効果があります。